最も優遇 ワトコオイル3.6LW-01ナチュラル ペンキ、塗料

最も優遇 ワトコオイル3.6LW-01ナチュラル ペンキ、塗料
最も優遇 ワトコオイル3.6LW-01ナチュラル ペンキ、塗料
paintgarage/00126-00014-13218-opN
6,829円 8,536円

ワトコオイル 3.6L W-01ナチュラル

〜塗れる素材について〜
【適 材】ナラ(オーク)、チーク、マカボニー他、広葉樹、パイン
【注 意】シナ、ラワン、松、杉他、針葉樹 材の特徴の為、オイル浸透後ムラのように見えます。

(ナチュラル仕上げが原則です)

■家具·工芸品·壁·建具
ワトコオイル色見本
●色数:8色 ●容量:200ML·1L·3.6L·16L ●標準塗布面積:約10平方メートル/L 
木本来の木肌を表現し、美しい色合いを持続するウェットな色調の全8色。ブレンドすればお好みの色が作れます。

※お使いのPCによって実際の色と色差がございますが、ご了承ください。

☆ご注意ください☆
 1、乾燥するまで24時間以上が必要です。
 2、カラーオイルの塗布は、木目に沿って行ってください。色ムラ発生につながります。
 3、着色剤が沈殿している場合がありますので、使用前に容器をよく振ってかき混ぜてください。
 4、拭き取りや塗布量は仕上げ方法によっては色落ちがありますので、充分な乾燥時間と拭き取り作業が必要です。

使用上の注意】
  ●使用前によく振ってからご使用ください。
  ●木材の含水率が高いと白蝋現象を起こします。
  ●リアレックスは粘度が高いため、塗布には刷毛の他にヘラ等をご使用ください。
  ●冬期は蝋分が固まる場合がありますので、必要に応じて湯煎してください。
    湯煎:(火を止め火気より離して、湯の温度を50度以下で使用する)
  ●オイルそのものは常温で自然発火することはありませんが、
   オイルを含んだウェス(布)等は、そのまま積み置いたり放置しますと
   自然発火する恐れがあります重ならないように乾かして、お取扱いください。
   ウェス等を廃棄する際は充分に水に浸して生ゴミとして処理してください。
  ●ワックスは自然発火しませんが、安全の為にオイル同様に、ウェスを破棄する際は水に浸してください。


【作業上の注意】

  ●火気のあるところでは使用しないで下さい。
   (危険物第四類 第二石油類危険等級IIIに該当します)
  ●取り扱い作業中には局所排気装置を設けてください。
  ●塗装中、乾燥中は換気をよくし、蒸気を吸い込まないでください。
  ●取り扱い中は、できるだけ皮膚に触れないようにし、必要に応じて有機ガス用
   防毒マスクまたは、送気マスク、保護手袋、前掛け等を着用してください。
  ●塗料の付着した布等は、廃棄するまでは必ず水に浸けておいてください。
  ●取り扱い後は、手洗い及びうがいを十分に行ってください。

【応急処置】
  ●目に入った場合には、多量の水で洗い、出来るだけ早く医師の診断を受けてください。
  ●蒸気を吸い込んで気分が悪くなった場合には、空気の清浄な場所で安静にし、

   必要に応じて医師の診断を受けてください。
  ●誤って飲み込んだ場合には、出来るだけ早く医師の診断を受けてください。

【火災時の注意】
  ●火災時には、粉末消火器を用いて消化してください。

【貯蔵保管の注意】
  ●保管時はふたを完全にして、40℃以下の一定の場所を定めて貯蔵してください。
  ●子供の手の届かない場所に保管してください。

【廃棄上の注意】
  ●容器は、中身を使い切ってから廃棄してください。
  ●容器や塗料を河川や下水道にそのまま捨てないでください。


☆☆その他ワトコ関連の商品をご希望の方は、
        こちらの「 」をご覧ください ☆☆
ロックペイント 水性床用ツヤ消し塗料 床・ベランダ防水(ツヤなし) 9Kg H82-0321-61 モスグリーン

主体は、避難されているみなさんと受け入れ先の町のみなさん

 

最も優遇 ワトコオイル3.6LW-01ナチュラル ペンキ、塗料


NPO法人市民公益活動パートナーズ(以下、パートナーズ)は、南東北地域を主とする広域の民間活動組織として2011年に法人登記を済ませました。地域や分野を超えた公益社会の実現と人々の生活の質の向上に役立ちたいと活動をスタートさせた矢先、未曽有の東日本大震災、そして原発事故が起きました。
震災後、パートナーズは避難住民の後方支援に従事。伊達郡桑折町や福島市を中心とした受け入れ地域で、生活再建支援やコミュニティ再生に向けた復興支援活動を続けてきました。「被災した市民や市民活動団体が、自らの力で立ち上がることを復興と考える活動の主体は、避難されているみなさんと受け入れ先の町のみなさん。常にこんなことに取り組んだら役立つかもしれないと思われることを考えては、提案してきました」と古山郁さん(代表理事)。「地域コーディネーター育成研修事業」は、仮設住宅への入居が始まると同時に地域のコミュニティの編み直しが必要になると考え、地域と人をつなぐコーディネーターを育てたいという願いのもと開催されました。地元のNPO法人、仮設住宅の自治会、行政、社協に声をかけて避難側と受け入れ側の力を引き出す仕組み「伊達桑折×双葉浪江=交流と賑わいづくり応援プロジェクト連絡協議会」も作りました。仮設住宅で暮らす女性たちの手仕事を商いとして自立させていくノウハウを学ぶ「お母さん方の小商いプロジェクト」や「原発事故損害賠償請求勉強会」なども開催しました。ほかにもボランティアの受け入れやコーディネートなど、パートナーズの活動は、現在も多岐にわたります。


最も優遇 ワトコオイル3.6LW-01ナチュラル ペンキ、塗料


多様な活動の中のひとつ「ひと・つながる」復興支援調査・交流促進プロジェクトは、中間支援組織ならではの活動をと考えて企画されました。福島大学災害ボランティアセンターと連携して県内外で復興支援活動に関わる団体を訪ねて調査をし、その結果を冊子にまとめただけでなくパートナーズのHP「復興支援情報ステーション」で公開しています。
「支援情報の共有化、顔の見えるネットワークづくりという点でも大切な事業だと思っています。今年度は、会津地方と県南地方の支援活動団体のインタビュー調査を行いました。もちろん今回の調査もHPで公開します」
浪江町を中心に浜通り(福島県の東部。太平洋に面する沿岸地域)から避難されている皆さんと県北地方の人々をつなぐ「おたがいさま新聞」は、2011年11月から現在も続けている地域コミュニティ支援です。当初は、桑折町の仮設住宅と町内の協力店に配布していましたが、浪江町役場 社協、地域の人々、今では借り上げ住宅の皆さんにも届けられるようになりました。なかでも離れて暮らす浪江の皆さんの笑顔を届ける「浪江の笑顔」は、友人知人の様子が分かると喜ばれています。
◆IENA ランダムタックスカート ベージュ バレンシアガ 2つ折り財布 コンパクトウォレット ホットピンク レザー 5942
▲イベント告知、活動レポートなど元気になる情報満載「おたがいさま新聞」(無料配布)


最も優遇 ワトコオイル3.6LW-01ナチュラル ペンキ、塗料


送料無料 ミニーマウス コスプレ衣装
「借り上げ住宅に住んでいると会議を開く場所にも困ったりします。そういうときに、うちの事務所と会議室を使ってもらおうと思いました。フリースペースは、福島市内にもいくつかあります。うちも含めて選択肢が増えるというのはいいこと。定期的に集まって何かできる場所があると安心です」。
ASONE 卓上天秤台 RGT-0405 1-1154-01
▲福島駅から徒歩約7分「うわまち交流ひろば」のフライヤー ▲仮設住宅で開催される出前の日程も記されているカレンダー
BANDAI - 抽選1000名 第17使徒カヲル 特製カード(非売品) カードダスマスターズ Southbend範囲1181540圧力スイッチ mk様専用  鉱物標本16点
▲「おたのしみ講座」のひとつ「福島まちなか ちょこっと散歩」開催


MSI MAG B550M MORTAR マザーボード MicroATX AMD B550 チップセット搭載 Ryzen 5000 シリーズ アトミクス ハードラインC?500 白 4kg
▲「福島まちなか ちょこっと散歩」のチラシ デスク用ノートパソコンスタンド 安定したMacBook Proスタンド 人間工学アルミコンピュータライザー 12 13 15 16 17?


支援活動の精査とブラッシュアップ
近所のお世話さんの発掘もはじめたい


震災から2年半。古山さんに今、温めている活動を尋ねると、「近所のお世話さんの発掘と育成です」と話してくださいました。「仮設住宅も借り上げ住宅も今は、横のつながりがありますが、復興住宅に移行するときには、またバラバラになってしまいます。コミュニティを一から組み直すときにお世話を買って出てくださる方がいて、行政ではカバーしきれない隣近所のつながりを細やかにサポートしてもらえたら心強いですよね」。もう一つは、仮設住宅と地域を繋いできたノウハウの精査とブラッシュアップです。新たな転居先での自宅再建、自治会支援も含めた故郷周辺でのコミュニティづくりは必須。震災関連死が増えているなど、今抱えている課題の一つ一つが深刻化していることも否めません。
カーペット 激安 通販 カット無料 シンコール カーペット マット OA−8136(オーク) 切りっぱなし 本間2畳(横191×縦191cm)
福島大学災害ボランティアセンターとの連携事業を通して後継者づくりをサポートする一翼を担ってきた部分では、自分達の得意分野を明確にして活動の中身を提案型にシフトさせていく時期に来ているように感じているそうです。「来年3月になると、大学が避難所だったことを知っている学生たちが全員卒業してしまいます。先輩がいる間です。今のうちに得意分野を磨いて提案ができるセンターにしておけば、見通しをもって長く活動を続けていけると思います」。
また、パートナーズでは、ボランティア活動をしたい人のコーディネート、相談はいつでも受け付けています。今後は、出張相談会の開催なども考えているそうです。「おたがいさま新聞」の地域記者、まち・ひとの情報、投稿記事も大歓迎とおっしゃっていました。
問い合わせ先 TEL024-573-8310 NPO法人市民公益活動パートナーズ



●取材を終えて●

主体は、避難されているみなさんと受け入れ先の町のみなさん。常に先を読み、困難を解決する方法を見つけ出しては、みなさんと一緒に解決していくパートナーズ。地域も分野も軽々と超え2年半にわたって続けられてきた支援は、続けるほどに人と人とのつながりを広げてきました。当初1,500部だった「おたがいさま新聞」も今では5,000部に増えたそうです。今後は、支援活動を続けながら復興住宅への移行を見据えて事業内容を精査、中身をブラッシュアップさせていく予定とのこと。これからもしなやかに連携しながらたくさんの元気を届け続けてください。(kamon)




団体名 特定非営利活動法人 市民公益活動パートナーズ
川口技研/KAWAGUCHI 65YB 横長角座クローム シリンダー錠 NDタイプ(丸サムターン座) LVS-65-5NDYB-Cr 代表理事 古山 郁(ふるやま いく)
テッドベーカー TED BAKER レディース ショルダーバッグ バッグ Mayzii Eyelet-Embellished Leather Cross-Body Bag BLACK 新品Avaya HC020 Web Camera with 4K Video Capability
KUKKO 47-1-A 3本アームプーラー(強力) 300MM PULLPO クッコ 常勤(週3日以上)2人 非常勤5人
主な資金源 会費、寄付、補助金・助成金、その他
【代引不可】 MAKI スチール製ローラコンベヤR7642N型3000LX1000WX150P 【R7642NX3000L1000W150P】 おしゃれな郵便ポスト 人気の北欧デザインメールボックス 壁掛けステンレスイエロー黄色ポストpm013
TEL 024-573- 8310 (全色対応 B4)テラモト ペーパー分類ボックス 3段・A3深型(送料無料)(法人限定) 024-573-8319
い草玄関マット 約70×120cm SEN621030 WH※ご注文確定後キャンセル不可※代引・同梱不可 TUNGALOY タンガロイ 外径用TACバイト TBS125C16 【350-6622】
E-mail ナイキロンT90
■県内外からの支援活動についての問い合わせや相談について
・HP「復興支援情報ステーション」にて支援活動情報を提供中
※相談業務の強化、出張相談会の開催など検討中。
■現在、共に活動しているNPO法人、市民活動団体等
・学生団体 福島大学災害ボランティアセンター
・一般社団法人ふくしま連携復興センター
・社会福祉法人福島県社会福祉協議会
・NPO法人いいざかサポーターズクラブ
・NPO法人ビーンズふくしま
【代引不可】 スター スタープレート DC53 35X500X80 【DC5335X500X80】





主な支援事業(継続中も含む)

◎「ふくしま復興塾」の開催
県北地域のNPOを中心とした復興支援活動団体との課題解決のためのワークショップ等、対話型の研究会。テーマによって単独あるいは、ふくしま連携復興センター、福島大学災害ボランティアセンター、避難者自治会等と共催で開催。
アウトドアプロダクツ OUTDOOR PRODUCTS キャラクター フラップリュック SB212&RD342 (RD342-白(ロディ))
(まとめ)TANOSEE 両開きパイプ式ファイルSt A4タテ 300枚収容 30mmとじ 背幅57mm スカイブルー 1セット(10冊)〔×3セット〕
◎NPO法人市民公益活動パートナーズHP「復興支援情報ステーション」の運営
支援活動団体DB。単独で開催。単独で行っているが、調査には多くの復興支援活動団体が関わっている。
④市民公益活動・NPO後方支援プロジェクト(相談やコーディネート、マッチング等):単独
エレコム 無線超薄型ミニキーボード TK-FDP098TBK & エレコム ワイヤレストラックボール(人差し指・中指操作タイプ) M-HT1
住友商事(株)の東日本再生ユースチャレンジプログラム2013活動・研究部門の事業として福島大学災害ボランティアセンターとの連携で進行中。
◎「「考える・動く・伝える」復興支援情報ステーション運営サポートプロジェクト」事業
住友商事(株)の東日本再生ユースチャレンジプログラム2013インターンシップ奨励プログラムの事業として桜の聖母短期大学の学生と共に実施中。
◎「いつもの暮らしに戻ろう―心のケア、コミュニティと生活再建―応援プロジェクト」
震災後から継続している支援事業(助成先は毎年変わる)。テーマによって他の組織との連携を図りながら取り組んでいる。
①お母さん方の小商いプロジェクト(活動グループ立ち上げやコミュニティビジネスへの活動支援):ふくしま連携復興センターとの連携
②”癒しの種”プロジェクト(本箱プロジェクトや映画上映会、まち歩きワークショップ等、心のケアや癒しを提供する支援):避難者自治会、避難受入自治体、市町村社協等との連携
コクヨ品番 PI-P0706F1GDNY1N インテグレ-テッド 全面クロスパネル